アイピルの効果と購入方法

アイピルの効果と購入方法

「アイピル」はアフターピルや緊急避妊用ピルと言われる種類の薬です。
この名前のとおり、緊急的に避妊の効果を得たいという場合に服用します。
性行為時にコンドームが破れてしまった、また望まない性行為が行われたという場合に活用する事で、高い確率で妊娠を回避できるのがアイピルの特徴です。

アイピルにはレボノルゲストレルという有効成分が配合されています。
レボノルゲストレルは女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンと同じ作用をする成分です。
このレボノルゲストレルが含まれているアイピルを服用する事で排卵を抑制したり、受精や受精卵の着床を抑える作用が発揮されます。
結果、妊娠を高い確率で回避できるという仕組みです。

アイピルは性行為を行ってから、72時間以内に1錠の錠剤を服用する事で避妊の効果を発揮します。
72時間以降に服用した場合、避妊の効果が落ちてしまうので注意が必要です。
できるだけ妊娠を避けたいのであれば、性行為を行ってから24時間以内に服用しましょう。
アイピルの場合、性行為後24時間以内に服用すれば、約95%と高い確率で避妊の効果を得られるというデータもあります。
日頃から毎日ピルを服用していなくても、アイピルを飲めば緊急的に避妊の効果を得る事が可能です。

ただし、受精卵が着床してしまってから服用しても、避妊の効果は得られません。
着床前に服用しないと効果は無い薬という事は覚えておいた方が良いでしょう。
アイピルを服用後、約1日から3日、遅くても約3週間程度すると出血が起こります。
出血が起こると驚くかもしれませんが、これが避妊に成功したという合図です。

アイピル服用後、1日から3週間程度の間に起こる出血は消退出血と言います。
有効成分による作用によって子宮内膜がはがれた事で起こる出血です。
子宮内膜がはがれたという事は受精卵は着床ぜず、妊娠していないという事に繋がります。
この消退出血がアイピルの効果が出ているかどうかを判断する、1つの目安となるのでこちらも覚えておくと良いでしょう。

偽物を販売している個人輸入業者もいるので注意

アイピルの購入方法としては、インターネット通販の利用が一般的です。
海外から医薬品を輸入している代理業者を介して、購入する事になります。
通常のインターネットショッピングと同じ感覚で購入できるので、手軽に手に入れられるようになっています。

ただし、個人輸入業者の中にはアイピルの偽物を販売している所もあるので注意が必要です。
偽物だった場合、有効成分であるレボノルゲストレルが全く含まれておらず、避妊の効果を得られないという事になってしまいかねません。
また、レボノルゲストレルが入っていたとしても、衛生面が悪い工場で作られている偽物も存在しています。
偽物だった場合、大きな副作用が出てしまう事も考えられるので、個人輸入業者からの購入方法を選択する場合は、しっかリ業者を見極める事が大切です。

本物のアイピルを販売しているかどうかを見極めるには、実績と信頼性を必ずチェックしましょう。
今までどれだけ医薬品を販売してきたのか実績を確認します。
実績のある業者であればインターネット上の口コミも評判が良く、多くの方が利用しているので判断する際に1つの目安となります。
信頼性という点も、口コミの確認が参考となるでしょう。

また、会社名や代表者名、登録されている会社の住所や建物の名前、電話番号などがサイトに記載されているかという点も必ず確認したいポイントです。
このような情報が全く記載されていないサイトは、まず信頼できません。
実際に記載されている電話番号に連絡してみて、どのような対応をするかで、業者の良し悪しを判断してみるのも良いでしょう。

実績と信頼性のある個人輸入業者を見つけるには、まず情報集めをしなくてはいけません。
時間がかかる作業ではありますが、医薬品を購入するのですから手を抜かずに行う事をおすすめします。