アフターピルによる副作用は頭痛について

アフターピルによる副作用は頭痛について

アフターピルは服用する事で、高い確率で避妊できる薬です。
レボノルゲストレルという女性ホルモンの、黄体ホルモンと同じ働きを行う有効成分が配合されています。
体内の女性ホルモンバランスを一気に変える事で、排卵を遅くしたり子宮内膜を人工的にはがして妊娠しにくい状態へとしていきます。

もしもの時のために、女性であれば準備しておきたい薬と言えるでしょう。
ただ、アフターピルは医薬品ですので、副作用も報告されています。
もし服用したいという場合は、どのような副作用が起こるのか事前にチェックしておく事をおすすめします。
アフターピルの副作用として多いのが「頭痛」です。

女性の場合、生理前や生理中に頭痛を起こす方も少なくありません。
この時期は女性の身体で作られる、女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンの量が減少しています。
卵胞ホルモンが体内で少なくなると、セロトニンという物質も少なくなる点が女性の身体の特徴的な部分です。
セロトニンには脳の血管を収縮させる働きがあります。

アフターピルを服用しセロトニンの量が減ってしまうと、脳の血管が広がってしまい痛みを感じやすくなるようです。
血管が拡張した事で一気に血行が良くなり、それが頭痛に繋がります。
アフターピルは緊急的に避妊したい場合におすすめの薬ですが、このようなリスクや身体への負担がある事は覚えておく必要があります。

頭痛といった負担やリスクがあると聞くと、服用を躊躇してしまう方もいるかもしれません。
アフターピルを服用後に起こる頭痛は、数日程度で改善すると言われています。
セロトニン不足により脳の血管が広がって頭痛が起こるので、頭を少し冷やすと痛みが改善するケースもあります。
もし、数日たっても痛みが治まらないという場合は、必ず医師に相談しましょう。

頭痛が起こると市販の痛み止めを服用して、対処する方も少なくありません。
アフターピルで頭痛が起こった場合に、痛み止めを活用したいという場合も念のため、医師か薬剤師に相談する事をおすすめします。

コンドームを着用していてても妊娠してしまう

日本で避妊といえばコンドームの使用が一般的となっています。
コンドームさえしておけば、必ず避妊できるというイメージがありますが、実はそうでもないようです。
あるデータによるとコンドームを着用して得られる避妊の確率は、約85%となっています。
この数字を見て驚いた女性も多いのではないでしょうか。

なぜ、コンドームを着用していても、たった85%しか避妊できないのかというと、いくつかの原因が考えられます。
まず挙げられるのが「コンドームをつけるタイミングの遅れ」です。
着用するタイミングが遅れてしまうと、場合によっては妊娠してしまう可能性があります。
コンドームを着用する正しいタイミングは、射精直前ではなく勃起してからです。
このタイミングでつけるように注意しましょう。

また、正しいタイミングで着用したとしても、性交後に女性の膣に長時間挿入したままにしておくと、精液が漏れ出してしまい妊娠する確率が高まります。
この他にコンドームが破れてしまい、妊娠してしまうというケースも少なくありません。
コンドームを使用していたからといって、必ずしも避妊できるわけではないという事は覚えておく必要があるでしょう。

コンドームは避妊目的というよりも、性感染症予防のために使うものです。
できるだけ妊娠を避けたいという場合は、アフターピルの活用もおすすめします。
アフターピルは性行為後に服用し、緊急的に妊娠を避ける薬です。
コンドームを使用して性行為を行ったけれど、本当に避妊できているのか不安という場合や、コンドームが破れてしまっていたという場合に活用すれば、より妊娠を回避できます。

望まない妊娠を避けるためにも、日頃からアフターピルを準備しておき、もしもの時に備えておくと良いでしょう。