低用量ピルを服用できない女性について

低用量ピルを服用できない女性について

医師に低用量ピルを処方してもらったことはありますか。
実は、服用できない女性がいます。
低用量ピルに興味がある人は、自分が服用できるかどうかを知っておいたほうが良いでしょう。

血栓症の人は服用できません。
なぜならば、低用量ピルに含まれているエストロゲンが血を固まらせる効果があるため、血栓症の人が服用すると症状が悪化するからです。
血栓性静脈炎や冠動脈疾患などの病気の治療をしている人は医師に相談してみましょう。

また、エストロゲンが関係しているガンを患っている人も服用できません。
乳ガンや子宮ガンがそうです。
ガンに関わらず、子宮筋腫などエストロゲンが関係している病気を患っている人も同じです。

自分は特に以上のような病気を患っていないから低用量ピルを服用できると思うかもしれませんが、生活習慣によっては服用できない可能性があります。

喫煙している人は服用できません。
あまり関係ないように感じるかもしれませんが、喫煙すると血栓症になりやすいですし、血管を収縮させます。
35歳以上で1日に15本以上タバコを吸っている人には処方されません。
しかし、禁煙すれば服用しても問題ないので、興味がある人は禁煙しましょう。

妊娠している人や妊娠したいと思っている人もそうです。
また、授乳中の人もそうですし、妊娠中に黄疸や持続性掻痒症が出た人や妊娠ヘルペスになったことがあっても服用できません。

自分が患っていなくても、乳ガンの家族歴があったり血栓症の家族がいる場合も飲まないでください。
糖尿病やその疑いがあったり軽い高血圧であっても良くありません。
実は、40歳以上の人は飲めません。

過去に心臓疾患や腎臓の疾患、肝臓の障害などがあってもそうです。
このように、低用量ピルを服用できない女性はたくさんいます。
興味があったとしても、以上の中に該当する項目があれば避けるべきです。
日本では医師が処方する必要がありますが、個人輸入などで手に入りやすいので以上のことを頭に入れておきましょう。

日本はピルの服用率が低い理由について

海外では低用量ピルの服用率はかなり高いです。
しかし、日本ではあまり服用率が多くはありません。
そもそも日本での導入自体が遅かったので、海外と比べると普及や認知が遅かったからでしょう。
しかし、これだけが理由とは言い切れません。

低用量ピルは医師の処方がないと日本では手に入れることさえできません。
しかし、海外では市販されているのでドラッグストアへ行けば手に入ります。
国によっては、最初は医師の処方箋が必要ですが、二回目以降はドラッグストアで購入できます。
医師の処方箋が全く必要ない国もありますが、日本では今でも医師の処方箋が必要です。

医療機関を受診してまで低用量ピルを手に入れようとは思わない人は多いでしょう。
他にも避妊する方法があることを考えると、どうしても服用率が高くならないのは仕方がありません。

そして、まだまだ日本では低用量ピルに対するマイナスイメージがあります。
避妊は男性がするものと言うイメージも強いですし、低用量ピルを服用していると偏見を持たれるかもしれないと思っていませんか。
このように、マイナスイメージを持っている人が多いので、なかなか服用率が上がらないのでしょう。

低用量ピルは、避妊以外にも治療のために服用したほうが良い場合もあります。
しかし、医師の処方箋が必要な上に、マイナスイメージが強いので簡単には服用率は上がらないかもしれません。

まずは、医師の処方箋がなくてもドラッグストアで手軽に手に入るようにすると良いでしょう。
目にする機会が多くなれば、自然とマイナスイメージが薄れていくかもしれません。
海外では安全性も確認されていますし、個人輸入ですでに使ったことがある人も多いですから規制を見直すべきでしょう。