完璧に妊娠を避けたいならトリキュラーがいい

完璧に妊娠を避けたいならトリキュラーがいい

トリキュラーは効果の高さや安全性が確認されていて、比較的古くから使われている低用量ピルです。
望まない妊娠を阻止するための避妊効果があり、ホルモンバランスを整えるなどのいろいろなメリットがあります。
トリキュラーに含まれている女性ホルモンが脳下垂体において働きかけることによって、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)などの分泌を抑えることが可能です。
結果として排卵を起こらなくし受精卵を着床しにくい状態にします。
子宮頸菅の粘液を変化させ精子を子宮に入りづらくするよう作用することが可能です。
トリキュラーをきちんと服用することによって約99%の避妊効果を獲得することができます。

トリキュラーは第二世代低用量ピルで、黄体ホルモンはレボノルゲストレルで、卵胞ホルモンはエチニルエストラジオールになります。
トリキュラーには21と28があり有効成分が入った錠剤は同じものですが、偽薬(プラセボ)7錠の有無が異なります。
1シート28日分になっていて赤・白・黄色で、28の場合これらにプラスして大きめに白い錠剤、いわゆる偽薬(プラセボ)7錠)が入っています。
赤、白、黄色の順に含有ホルモン量が増加するという三相性ピルです。
服用期間前半は必要のない黄体ホルモンを抑えていき、自然なホルモンサイクルに似せることによって高い避妊効果を維持することができます。
全体のホルモン総含有量を少量に維持することが特徴的です。

生理1日目からスタートし以降は決められた順番通り1日1錠飲みます。
継続することによって非常に高い避妊効果を得ることができますが、飲み忘れると効果がなくなるので注意が必要です。
毎日決まった時間帯に服用するようにしましょう。
身体がまだ薬に慣れない間は吐き気などのつわりによく似た副作用が起こる人もいるでしょう。
トリキュラーを服用することにより子宮内膜症を改善することができるので、いろいろな世代の人が服用しています。
尚、抗菌薬などの他の薬との飲み合わせには注意が必要です。

トリキュラーと飲み合わせの悪い薬について

トリキュラーに含まれる主成分「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」は、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンと同じ働きをするホルモン製剤です。
正しく服用すれば、ほぼ100の確率で避妊の効果を得られます。
ただしトリキュラーを服用する場合、飲み合わせが悪い薬もあるので注意が必要です。

飲み合わせの悪い薬とトリキュラーを服用した場合、避妊の効果が落ちてしまい妊娠するリスクがアップします。
飲み合わせが悪い医薬品として、まず挙げられるのが「抗菌薬」です。
テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質など、風邪をひいた際によく処方される抗菌薬と併用すると、避妊効果が低下して排卵が起こる危険性があります。

排卵してしまうと精子と卵子が結びつき、受精卵が子宮内膜に着床してしまうかもしれません。
また子宮頸菅の粘液性を変化させて、精子が子宮内に入るのを防ぐというトリキュラーの働きも低下してしまうため、妊娠するリスクが高まります。

このように妊娠する確率が高くなる事から、もし抗菌薬で治療をしなければいけない場合、医師の判断で増量するかトリキュラーの服用を中止するのが一般的です。
中止している間はコンドームなど、他の避妊方法で行いましょう。

抗菌薬の他には解熱鎮痛消炎剤も、飲み合わせの悪い薬として挙げられます。
頭痛などで痛み止めを服用する機会が多いという女性は、特に注意したいのが解熱鎮痛消炎剤です。
アセトアミノフェンを主成分としている痛み止めはトリキュラーの効果に影響を与えます。
もし痛み止めを処方してもらう場合は、ピルを服用している事を必ず医師に相談しましょう。

痛み止めでもトリキュラーに効果を与えない種類もあります。
影響のない痛み止めであれば、併用しても問題はありません。