生理痛緩和にはピルを服用

生理痛緩和にはピルを服用

生理痛が起こるメカニズムは、生理が起こる時に子宮を収縮させる作用のあるプロスタグランジンという物質が過剰に分泌されることで、子宮の収縮が強くなる時に痛みを感じるためだと言われています。
そのため生理痛緩和のためにはプロスタグランジンの分泌が少なくするようにすると効果があります。

ピルが生理痛緩和に効果があると言われているのは、ピルには排卵を抑制する作用があり、排卵が起こらないことでプラスタグランジンの分泌がかなり抑えられるからです。
ピルを服用していると、体の中の女性ホルモンの量が一定に保たれているため、子宮内膜が必要以上に厚くなりません。
通常は、排卵が起こると受精卵が子宮内に着床しやすくなるように、子宮内膜が徐々に厚くなっていきます。
そして、受精卵の着床が行われなかった時には、厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちて月経となります。

この時に子宮内膜が厚くなっていると、その分たくさんの子宮内膜を落とさなくてはいけないために子宮収縮が強くなります。
その時に痛みを強く感じるので、ピルの服用で子宮内膜が厚くならないことは子宮収縮を軽くし生理痛緩和につながります。

生理痛がひどかった人がピルの使用を始めてから生理痛が驚くほど軽くなったというのはこういった理由があるからです。
ピルを服用していても消退出血といって定期的に少量の出血が起こりますが、これは生理の時の出血と似ているようで違っていて、実は黄体ホルモンの減少によって人工的に起きているものなので通常の月経とは違っています。

また生理痛緩和のためにはホルモンバランスが安定していることも大切です。
女性ホルモンは月経周期にそって量が変化しますが、これらのバランスが崩れるとその後に起こる月経が重くなりがちで、生理痛もひどくなる傾向があります。

そういったホルモンバランスの乱れにもピルが効果をあらわします。
一定量の女性ホルモンをピルによって体内に取り込むことでホルモンバランスが安定して、生理痛緩和につながります。

ピルが合わなかったら生活習慣改善で生理痛を緩和

しかし、ピルを服用した時には副作用があらわれることがあり、特に吐き気は良く起こる副作用で吐き気があることで生活に支障をきたすことがあります。
吐き気はピルを服用してから2時間ほどの間に出現することが多いので、服用するタイミングが重要です。

もしもピルを服用して吐き気が出て辛いという時には、服用するタイミングを寝る前にしてみると、吐き気を軽減させることができるかもしれません。
眠っている時には吐き気を感じにくくなっていて、起きていると吐き気を感じる人でも眠っていると何も感じなかったということがよくあります。
そのため、寝る前に服用するようにすると吐き気を感じずに済むことがあります。

こういった工夫をしても、どうしてもピルの副作用が辛いという場合には、ピルが体に合っていない可能性があります。
そういった時にはピルの使用をあきらめて生活習慣を改善させることで、生理痛緩和をする方法をとってみると良いでしょう。

生理痛がひどくなると言われている生活習慣は不規則な生活習慣や、食生活の乱れ、睡眠不足、体の冷えなどです。
まずは毎日安定したリズムで生活が送れるように気をつけて、睡眠をしっかりととるように気をつけます。
その他に栄養バランスのとれた食生活も大切です。
食事の時間もできるだけ一定にしたほうが良いでしょう。

体を冷やしてしまうのは夏に冷房を使い過ぎたり、冷たい食べ物を摂りすぎたりすることで起こります。
またなるべく湯船につかって体を温めたり、薄着をし過ぎないようにして体が冷えないように気をつけることも大切です。

そういったことに気をつけて生活を送っているうちに、徐々に辛い生理痛が改善してくるでしょう。
すぐには効果が出ないかもしれませんが、続けていくことが大切です。